Wrapsol iPad Pro用保護フィルム試用→滑り止めとしても良好

iPad Proを発売日に入手して2か月。縦位置でA4をそのままのサイズで表示すると、雑誌などを読むのにちょうどよい。当局のお気に入りは、横位置にして、左に電子書籍やサイトを見つつ、右にイオノグラムやクラスターを表示させ続けるというもの(例えば、下写真の画面表示)。寝っ転がって読書しつつ、オンエア待ち受けをするのにちょうどいい。

P1010337-2

 

そろそろ移動運用にもiPad Proを持ち出したいが、傷をつけるのは嫌だなと思っていたやさきに、Wrapsol (ラプソル)のiPad Pro用の保護フィルムを評価用に提供いただけた(日本で発売予定とのこと)。この写真は、すでに保護フィルムを貼ってあるが、よほど近づかないと装着はわからない。

 

 

Wrapsol iPad Pro用保護フィルムの構成と、貼ってみた様子を紹介しよう。

P1010303-2

 

提供されたのは、画面側フィルム、背面側フィルム、簡単な取説(日本語)、画面を拭くクロス、密着させるヘラ(スクイーザー)である。ただし、日本での販売時は変更があるかもしれない。

 

P1010305-2

 

 

保護フィルムは、画面側より背面側の方が面白い。保護フィルムの上にiPad Proの載せてみると、スピーカーや端子部などを避け、なおかつ細かい部分までフィルムが覆うようになっている。3層になったフィルムの最下部をはがして機器に貼り付け、ヘラで密着させた後に最上部フィルムをはがす。

2center

 

 

よくある保護フィルムと基本的に同じ作業だが、iPad Proはサイズが大きいぶん、位置ズレには注意が必要だった。写真はボタンとカメラ付近。操作に問題ないように貼れたが、センターにピッタリ合わなかった。

4corners

 

 

画面側の四隅の超アップ。短辺左端から貼り始めたので左端の上下はピッタリ収まったが、右端は1.5mmの右下がりとなった。位置ズレを減らすには長辺から貼った方がよさそうだ(あとの祭り)。P1010307-2

 

 

 

 

仕上がりで気になるのは画面側だろう。貼り付け直後の気泡を、いちばん目立つ照明で意地悪く撮影してみた。通常は、ここまで目立つ感じはしない。画面を表示させれば、この程度の気泡は見えないし、タッチ操作への問題もなかった。P1010336-2

 

 

 

 

 

この保護フィルムは、「24時間ほどで気泡が自然と無くなる」という。これが約24時間経過後で、たしかに気泡が減っている。

 

 

 

 

画面側、背面側、側面のほぼすべてを覆ってくれるので、iPad Proの傷の防止には都合がよい。当局はApple純正のiPad Pro Smart Coverを使っているが、保護フィルムを貼っても併用できた。

この保護フィルムは若干のザラザラ感のある素材なので、もともとのiPad Proと比べると滑りにくくなる。不用意に取り落としにくくなるのは移動運用時には都合よく、裏面側にも保護フィルムを貼る価値を感じられた。

【注記】
評価品の入手方法・・・無償で提供を受けました
この記事の執筆・掲載に対する謝礼・・・ありません

ツェナーダイオードのRFノイズ電圧と帯域を測定

HFからVHF帯のノイズ源に興味がわいて、ジャンク箱にあった古いツェナーダイオードのノイズ電圧と帯域を測ってみた。

結論的には、先人が雑誌やネットで発表している通り、(1)8Vより高い電圧のもの、(2)推奨電流より大幅に少ない電流 のツェナーダイオードのノイズ発生量が多かった。

P1010174-2

 

測定方法は、左の写真のとおり。単四×11本だが、古電池なので13V程度である。ツェナーダイオードの一端にオシロ/スペアナをつないでいる。

ノイズが多かったのは、RD4AとRD13A。少なかったのは、RD9B、1S1718、1S2191だった。1 3

 

 

RD4Aのノイズ電圧。0V点の調整を忘れた(以下同様)。
ツェナー電圧 11.6V、電流47μAで、200mV以上のノイズ出力が得られた。

 

 

 

 

 

 

RD4Aのノイズ帯域。100MHz程度までノイズが出ている。

6

 

 

 

 

 

 

RD13Aのノイズ電圧。ツェナー電圧 11.1V、電流約50μAで、100mV程度のノイズ出力が得られた。

7

 

 

 

 

 

 

 

RD13Aのノイズ帯域。200MHz弱までノイズが出ている。

RD4AとRD13Aではノイズの出方が違う。RD4Aはノイズ電圧は高いが発生帯域は狭い。RD13Aはノイズ電圧は低めだが発生帯域が広い。これは、RD13Aの方が鋭い立ち上がり・立ち下がりのパルスが出ているということなのだろうか? ノイズ源として、どちらの特性が向いているのかは試してみないとわからない。RD4Aのツェナー電圧は、仕様では4.0Vのはずだが、測定値が11.6Vだった点は不審である。これらは要検討だが、今回はここまで。

 

停電したことを知らせるLED表示器自作

家を空けている間に停電したかどうか、LEDの点灯ですぐにわかる表示器を製作した。

一昔前だと、ビデオの時計が0:00で点滅して、停電したとすぐに分かった。しかし最近の機器は、停電しても時刻や設定が失われないものが多く、停電したかどうかの検知器としては使えない。

blackoutmail

その一方で、電力会社や自治体がメールで停電情報を教えてくれるようになった。

当局が登録しているのは中部電力のもの(上)と、軽井沢町のもの(下)である。

ただし、これらメールは、我が家が停電したかどうかまで教えてくれるわけではない。あくまで地域を知らせてくれるだけなのである。外出先でメールを受けたら、我が家が停電したかどうかを、家に帰ってから確認したくなろうというものである。

kairozu

 

そこで、停電したかどうかだけわかる簡単なものを考えた。通電中はリレーが保持され、停電するとリレーが解除される。以降は、復電(停電が解消して電気が戻ること)するとLEDが光り続ける。何回も停電するような状況でも、復電すればLEDが光る。

その後、復電している状態でリセットボタンを押すとLEDが消えて、停電を待機する状態になる。

P1010172-2

 

 

 

 

 

ユニバーサル基板に回路を組んだ。電源は、PDC時代の携帯充電器を使った。

P1010173-2

 

 

 

 

 

 

こんな感じにケースに入れて使うことにした。

クルマの無線機ホルダー(3) ニコイチでたぶん完成形

(2)の吸盤式ホルダーにDJ-G7を取りつけたが、無線機をくわえこむ部分が浅いので、手が当たった衝撃などで落ちる危険性がある。さらに下部に支えがないので、無線機がずり落ちそうだ((2)の吸盤式ホルダーのいちばん下の写真参照)。P1010117-2

 

 

使用をあきらめた(1)のCDスロット式ホルダーの無線機をくわえこむ部分との比較。上が(1)CDスロット式ホルダーのもの、下が(2)の吸盤式ホルダーのもの。(1)の方が深くくわえこむようになっている。

運よく、両者はボールジョイントでアームと接続される仕組みになっている。しかもボールのサイズが同じなので、加工することもなく簡単に交換できた。

 

P1010116-2

 

クルマにセットしたらいい感じ。写真のように下部の足を開いておけば、無線機のずり落ちを防げる。

 

 

P1010114-2

 

 

DJ-G7をセットしたところ。これでしばらく使って様子をみることにしよう。

クルマの無線機ホルダー(2) 窓に吸盤で固定するタイプ

CDスロット固定型の無線機ホルダーは大失敗だった。心機一転、購入したのはフロントグラスに吸盤でアームを貼り付けるタイプ『iPhone iPadmini 全スマホ対応スタンド 真空吸盤アームスタンド車載ホルダー ka2409』。Amazonで 1,314 円だった。スマホ/ガラケー用の小ホルダーと、タブレット用の大ホルダーの2つを付け替えて使えるようになっている。

P1010104-2

 

無線機を取り付けたところ。小ホルダーの機器をくわえこむ部分のクッション材を厚めのものに変えている。

 

 

P1010111-2

 

 

 

ガラケーを取り付けてワンセグを表示しているところ。

 

 

 

P1010109-2

 

ホルダーを横から見るとこんな感じ。フレキシブルアームに吸盤が付いていて、フロントグラスに強力に吸い付く。反対側には無線機をくわえこむホルダーがあり、ボールジョイントで無線機の向きを変えられる。中間にあるのは揺れ止めで、無線機のように重さのあるものをセットするとき効果的そう。

クルマの無線機ホルダー(1) CDスロット固定型は大失敗

すわ避難というとき、我が家の場合はクルマで、ということになる。ふだんは無線機を車内に付けていないが、避難時にはハンディ機を持ち込むだろう。そこでかんたんに取り付けられる無線機ホルダーを探したところ、CDの挿入口に固定するスマホホルダーがよさそうなので買ってみた。

P1010099-2

Universal CD Slot Mount

『スマートフォンCDスロット装着ちょうどいい高さな車載ホルダー』 SMTCDST3 (サンコーレアモノ)

ヨドバシ.comで1,270 円

やけにオシャレな箱に入って到着した。

 

 

P1010096-2

 

 

 

CDスロットに固定部を挿しこんで、蝶ネジを締めて固定する。CDスロットに入る部分の右端を10mmほどカットして、運転席寄りに固定できるように加工した。

 

P1010091-2

 

 

DJ-G7を取り付け、運転中の視点で撮影してみた。なお、無線機が運転中に落ちることはないが、ボタン操作はグラグラして難しい。固定力に過度な期待は禁物だろう。

 

 

 

 

P1010093-2

 

 

ガラケーでワンセグTVを点けるとこんな感じ。

 

 

 

 

 

2015/7/17追記
夏のこの暑さでプラスチックが軟化して、無線機が垂れ下ってしまった。CDスロットに挟み込んでからネジで広げて、摩擦力で固定している部分も同じ理由で変形していた。こうなると調整しなおしても無線機がグラグラして使いものにならない。この製品は大失敗という結論だ。無線機をくわえる部分はしっかりしているので、そこだけは何かに再利用できるかも。

浅間山噴火に備える非常持ち出し無線機の見直し

すわ避難というときのために、非常持ち出し品を詰めたザックを用意している。浅間山噴火のたびに中身を見直しているが、今回の噴火では無線関連の機材を更新した。

無線機更新

旧機材は右3台。右からSONY AM/FM/アナログTVラジオ、防災行政無線などの受信用ICOM IC-R1、アマチュア機C601。

新機材は左の1台、ALINCO DJ-G7。3台を1台に集約できた。ただし旧機材でアナログTV時代に可能だった「テレビ音声の受信」はできないので、これは携帯/スマホで補うことにした。

浅間山全景 2015/6/28

 

 

ちなみに近所から見た浅間山の全景(2015/6/28午前)。頂上から立ち上っているのが噴煙。

 


浅間山頂上噴煙 2015/6/28

 

 

 

頂上のアップ。噴煙が吹き上がっている。なお現在は、小康状態のようで、この写真ほどの勢いのある噴煙は見えない。

CWパドルを操作するときのタイミング

 

cwtiming

CWパドルを操作するとき、実際にスイッチをオン/オフしている時間を図に描いて考えてみた。

CWパドルを想定しているので、1短点を2単位時間として表現した。するとPARISは100単位になった。20WPMでは、これが1/20分ということになる。換算すると、1単位=30msになる。

4倍程度の安全率を見込んで、7msごとにパドルの状態を伝送すればいいのではないだろうか?

ZigBee TWE-Lite DIP伝送遅延を測定

P1010005-2ZigBee TWE-Lite DIPの伝送遅延がどれほどのものかを測ってみた。

オシロスコープを利用し、Achを送信側のスイッチに接続して、ON/OFFをトリガとする。Bchを受信側につなぎトリガからの時間を計測した。latency-onoff

その結果がこちら。伝送遅延は31~66ms、最頻は約45msだった。取説によると、出荷時に組み込まれているプログラムは「0.03秒ごとに通信している」という記載があるので、その通りの結果が出たと言える。

当局は18~20WPMでCW通信している。そのときCWパドルのキーさばきは30msより短いような気がする。まずは、CWパドルのON/OFFタイミングを定量的に検討した方がよさそうだ。

ちなみにZigBee TWE-Lite DIPは、プログラムを書き換えることができ、書き換えても技適の対象なので、このままムダになることはないだろう(期待)。

片手持ちCWパドル完成(有線版)

片手だけで保持と操作のできるCWパドルの本番用を作成した。試作版は発泡スチロールだったが、本番用はバルサを加工した。

P1000846-2

 

10mmのバルサ3枚を重ねて、手のひらの形に削った。ビスを抜くと、配線部にアプローチできるようにした。

 

onehandcwpaddle

CWパドルを回転させて撮影してみたが、動画の方がわかりやすいし、操作しているときの雰囲気も伝わる。

 

動画のように、歩きながらCWで交信することもできるし、寝っ転がってのCWラグチューもできるようになった。次は、このCWパドルのワイヤレス化をしようと思う。