「キイハンター」の和文モールス聞き取り

「キイハンター KEYHUNTER」(TBS系、東映制作) といえば、 1960年代から1970年代にかけての大人気ドラマ だった。千葉真一は格好よかったし、野際陽子は魅力的だった。小学生だった当局も、土曜の夜はテレビにかじりついて観たものである。


いまでも東映チャンネル(スカパー)で毎週2話ずつやっていて、先日たまたま「#61 荒野の殺人紙幣」を見たところ、CWで助けを呼ぶシーンがあった。下は、キイハンターのメンバーがCWを受信しているシーンである。ちなみに、真ん中あたりの縦長の装置が無線機という設定で、ドラマ中では短波無線機と呼んでいたが、CBトランシーバっぽい。

風間(千葉真一の役名)は無線機から流れるCW音を聞きながら「SOS 富士山麓ホテルマウント富士へ急行せよ」と読み上げていた。そのCW音はちゃんとした和文モールス符号ではないか!! 日本のドラマのCWはなんちゃってのデタラメが多いが、キイハンターはしっかり作り込んでいたのだ。

150CPMぐらいでけっこう速い。何度か聞き直したところ「SOS フジサンロク ホテルウントフジへ キユウコウセヨ」だった。惜しい!!、打ち間違えている。(・--・)と(-・・-)の取り違えってやりがちですものね。

50年前は、ようやくアマチュア無線への興味が出てきたころで、CWの聞き取りはまったくできなかった。50年を経て、CWを身に着けて新しい発見ができたのは実に楽しいことだ。もしかしたらアマチュア無線界では、オンエア直後に話題になった有名な話なのかもしれない。

ドラマのCW部分の音ファイルはこちら → keyhunter61CW.mp3

カテゴリーCW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です