160m帯フルサイズダイポールアンテナ【測定編1】

前記事で作った160m帯の巻き取り式ダイポールアンテナを実環境で測定した。

 

恵那市の阿木川公園に展開した。給電部は高さ約1.5m、アンテナ線は左右ともに数mで芝生に接地している。両端も芝生上。

 

 

 

 

 

アンテナ線長は左右各22mで、1.83MHz  SWR1.8という結果になった。アンテナ線が地面から浮くようにすれば使えそうである。

同調したアンテナ線長が予想以上に短い。①両端の巻き取り部がエンドローディングコイルとして働いている、②被覆電線なので短縮率が大きくなっている、③地面置きなので共振周波数が低い――というあたりがとりあえず思い付く。これは後日に検証したい。

Both comments and trackbacks are currently closed.