JARLアンテナ保険 作業中に事故っても保険金降りない?

これまでJARLアンテナ保険に漫然と加入していたが、自動車保険のオプションの損害賠償特約でも同じように対応できると知った。自転車にも保険をかけないと乗れない時代にもなってきた。そこで自動車保険の更新を前に両者を比較してみた。

結論・・・自動車保険の損害賠償特約の方が幅広いリスクに対応していて当局向きなので、JARLアンテナ保険はもう継続しない

JARLアンテナ保険の募集案内を読んでいたら気になる記述を見つけた。「施設の新築、修理、改造または取壊し等の工事に起因する損害」は対象外だというのだ。これって、自分でタワーを建ててるときや、タワーに登ってアンテナをいじってるときに起こした事故には保険が効かないと読める。作業中にアンテナや工具を落として隣の建物やクルマを壊すことはありえるので、JARLアンテナ保険でリスクヘッジしたいものだ。実際のところ保険金を払う運用にしているのならいいのだが、どうなのだろうか?

下記が募集案内のその部分(赤枠のところ)。

Both comments and trackbacks are currently closed.