停電検出器が瞬断を検知しない

停電したことを知らせるLED表示器を以前に製作し、問題なく使っていた。ところが先日、スカパープレミアムチューナーに「停電が原因で録画中断」のエラーが記録されていた。停電検出器のLEDは不灯(停電なし)だが、装置が壊れているわけではなかった。

おそらく商用電源に瞬断(瞬低、瞬停)があり、スカパープレミアムチューナーは停止したが、停電検出器が瞬断を検出できなかったのだろう。そこで停電検出器が検出できる瞬断時間をオシロスコープで測ってみた。

下記が計測中の写真。赤プローブは商用電源の電圧を測定する高圧プローブ。黒プローブは停電検出器のリレー接点の電圧を測定している。

商用電源を手動ですばやくオフ→オンし、このタイミングでオシロのトリガーをかけた。なんども繰り返したところ、商用電源を310ms瞬断させると確実に検知できるとわかった(下図)。赤が商用電源の電圧(右縦軸)、青がリレーの電圧(左縦軸)である。商用電源が310ms瞬断し復旧(復電)し、リレー電圧は約5Vから0Vになり、その状態を維持したので停電検出に成功している。

一方で、瞬断が220~260ms程度だと停電の検知が曖昧になることがわかった(下図)。瞬断でリレー電圧が下がるが、復電後に約5Vに回復しており、停電を検出できていない。検知できることもあるので曖昧である。

310ms以上の瞬断は検出できるが、それ以下の場合は検出できたりできなかったりすると理解しておけばよさそうである。今回はここまで。

より短い瞬断も検出する改造として、いちばん最初に試すべきはACアダプター内部の平滑コンデンサーを取り外すことだろう。停電後150ms電圧を維持しているのは平滑コンデンサーの働きだろうから、この分を減らせるかもしれない。

アンテナのアルミ線と銅線をろう付け【方法その2】

アンテナのアルミ線と銅線のろう付けにしぶとく挑戦している。まず難易度が低いやり方として、アルミソルダーRZ-103(新富士)を盛った後に通常のハンダで接合する方法がうまくいった(こちらの記事)。

アルミソルダーだけでろう付けするのは難しい。バーナーの火力調節は習熟でなんとかなっても、バーナーの炎の風圧のせいで、融けたアルミソルダーが玉になって逃げてしまう。アルミの濡れ性(アルミへの付着力)が低くて、バーナーの風圧に負けてしまうのだろう。ここが最大の難関だが、それさえ防げばなんとかなりそうである。

うまくいったのが、下図のように舟形にした銅箔を敷いて作業する方法だ。融けたアルミソルダーがアルミ/銅線から逃げようとしても船底部に留まる。アルミフラックスRZ-203K(新富士)はアルミ線と銅線にだけ塗ればよい。最終的には銅箔は取り除くのでろう付けされなくてもかまわない=フラックスは不要である。銅箔は、5D-SFA同軸ケーブルの外部導体を使った。

このやり方でろう付けしたのが下図(粉っぽく残っているのはフラックス残渣。このあと水で洗浄して取り除く)。うまくろう付けできている。アルミソルダーが逃げないので、むだも減った。銅箔は部分的にろう付けされているが、薄いので取り除くのは容易である。

アンテナのアルミ線と銅線をろう付け【方法その1】

3.5MHzと7MHzのダイポールアンテナを降ろして、アンテナ線の接続部を調べた。アンテナ線は2mmのアルミ線、バラン経由で同軸につなぐところは1.6mmの銅線である(ペットボトルバランケースの作り方はこちら)。

アルミ線と銅線の接続はミラクルハンダを使って接合していた。その部分をほどいたところ、4年半の使用で下の写真のようになっていた。ミラクルハンダがやせて残り少なくなっているのに加えて、アルミとの接合部が腐食している。そのためラジオペンチで簡単にほどくことができた。かろうじて、銅線の一部が銅の地金色なので、そこだけがくっ付いていたと思われる(銅線の左端はペンチでつまんだために銅の地金が出た部分。銅線の途中に地金色の部分がある)。

ミラクルハンダは販売終了になったようだし、より確実な接合をするためにろう付けを採用することにした。選んだのは定番のアルミソルダーRZ-103(新富士)とアルミフラックスRZ-203K(新富士)である(下図)。

さっそく試したが、ぜんぜんダメ。アルミ線と銅線をよじってフラックスを塗り、ガスバーナーであぶりつつアルミソルダーを当てると、銅には付くがアルミには付かない。玉になったアルミソルダーが、よそに逃げてしまう。強く加熱するとアルミ線が溶けて切れてしまう。ネットで検索して出てくる苦労話どおりの散々な結果である。

試行錯誤したところ、うまくいく方法を発見した。アンテナで使う際にアルミ線と銅線をろう付けするという目的なら、次の手順がうまくいく。

①アルミ線にアルミソルダーでメッキする・・・最初にアルミ線の表面をろう付けする。ハンダ付けする際にハンダメッキするのと同じように、アルミ線の表面をアルミソルダーで覆うのである。厚めにアルミソルダーを付けておく方が、後作業がやりやすい。ガスバーナーを使ってアルミソルダーの手順通りに作業すれば、「アルミろうメッキ」はわりと簡単だった。

②アルミ線と銅線をハンダ付けする・・・ここからは、いつも使っているハンダとハンダごてで作業する。アルミろうメッキした部分は普通のハンダが乗るのである。したがって、アルミろうメッキの下処理をしたアルミ線と銅線をよじってからハンダ付けすればよい。なるべく短時間でハンダ付けする。長い時間ハンダごてを当てると、アルミソルダー部分まで融け出す(融点は一般的なハンダは232℃、アルミソルダーは380℃)。

下図は、このやり方でアルミ線と銅線を接合したテストピース。しっかり付いているように見える。

下図は、ペンチで引きはがしたところ。ハンダがむしり取られるように分離した。アルミソルダーはアルミ線と強く固着しており、はがれることはなかった。銅線にハンダが残っていることから、こちらもしっかり付いている。

2019/12/20 追記

このやり方では、ハンダ付けのやり直しができないことが判明した。再加熱すると、ハンダとアルミソルダーがまとめて融けて、アルミの地肌がむき出しになってしまう。そうなると、最初に戻ってアルミろうメッキからやり直さないといけない。

このやり方がうまくいっている状態では、①アルミ線・②アルミソルダー・③アルミソルダーとハンダの合金・④ハンダ・⑤銅線という順番で層になって接合されているのだろう。そこにハンダごてを当てると②~④がまとめて融けてしまうのだと思われる(初回のハンダ付けで薄くなった②が融けてしまう)。

アルミソルダーだけでアルミ線と銅線をろう付けする方法も試行錯誤して成功した(やり方はこちら)。

炭酸ペットボトルのバランケースの寿命は5年以上

炭酸飲料の厚手のペットボトルをダイポールアンテナの給電部として使い始めて、はや数年。1リットルサイズのペットボトルを使うと、大き目のバランと同軸ケーブル、アンテナ線とつなぐ配線も収容できて便利である(製作方法はこちら)。

太陽光と風雨・氷雪にさらされるので、当初は1、2年程度の寿命と思っていたが、取り外してみたところ、予想外に劣化が少ないことがわかった。

左から、6年、5年、4年使用したもの。

  • ペットボトルとフタに割れや穴はなく、PET樹脂は弾力を保っている
  • 内部に雨水が浸入した形跡はない。内部のむき出しの銅配線は表面に錆びが出ているが、屋外設置では通常程度のものである
  • 白インシュロックは紫外線に弱そうに思われたが、脆くなっている様子はない
  • ベーク板には小さな蜘蛛の巣と糞がみられるが、電気的な影響が出るほどではない

ペットボトルを新しいものに交換し、ベーク板に取り付けたバラン部はそのまま使うことにした。

160m帯フルサイズダイポールアンテナ【測定編2】

前記事で作った160m帯の巻き取り式ダイポールアンテナの測定リベンジをした。前回の測定は、アンテナ線が地面置きという実利用には向かないものだった。

そこで今回は、アンテナ線を木に引っ掛けながら、地上高0.5~2mで展開した。敷地内で試したので、アンテナ線を直線に張ることはできなくて、全体的にも局所的にも大きく湾曲している。

アンテナ線の左右をそれぞれ35mにしたところ、1.9MHzでSWR1.7まで落ちた。

アンテナ線は43mあるが、余長は切り取ることなくケースに巻き取っている。

この高さで使い物になるのか、近々試してみる予定。

「キイハンター」の和文モールス聞き取り

「キイハンター KEYHUNTER」(TBS系、東映制作) といえば、 1960年代から1970年代にかけての大人気ドラマ だった。千葉真一は格好よかったし、野際陽子は魅力的だった。小学生だった当局も、土曜の夜はテレビにかじりついて観たものである。


いまでも東映チャンネル(スカパー)で毎週2話ずつやっていて、先日たまたま「#61 荒野の殺人紙幣」を見たところ、CWで助けを呼ぶシーンがあった。下は、キイハンターのメンバーがCWを受信しているシーンである。ちなみに、真ん中あたりの縦長の装置が無線機という設定で、ドラマ中では短波無線機と呼んでいたが、CBトランシーバっぽい。

風間(千葉真一の役名)は無線機から流れるCW音を聞きながら「SOS 富士山麓ホテルマウント富士へ急行せよ」と読み上げていた。そのCW音はちゃんとした和文モールス符号ではないか!! 日本のドラマのCWはなんちゃってのデタラメが多いが、キイハンターはしっかり作り込んでいたのだ。

150CPMぐらいでけっこう速い。何度か聞き直したところ「SOS フジサンロク ホテルウントフジへ キユウコウセヨ」だった。惜しい!!、打ち間違えている。(・--・)と(-・・-)の取り違えってやりがちですものね。

50年前は、ようやくアマチュア無線への興味が出てきたころで、CWの聞き取りはまったくできなかった。50年を経て、CWを身に着けて新しい発見ができたのは実に楽しいことだ。もしかしたらアマチュア無線界では、オンエア直後に話題になった有名な話なのかもしれない。

ドラマのCW部分の音ファイルはこちら → keyhunter61CW.mp3

無線局等情報検索は、リアルタイム更新ではない

総務省電波利用ホームページの「無線局等情報検索」が2019年の初めに改訂された。改訂前は、表示される免許情報が実際のものに比べて3か月ほど古く、記念局や再免許局の最新情報を得られなかった(過去記事のこちら参照)。

今回の改訂によって「ほぼリアルタイムで更新されるようになった」という話も見られる(例えばhamlifeのこちらの記事) が、本当にそうなのだろうか?  

ちょうどよいことに、局免許を更新する時期だったので、再免許の情報が表示される時期を確認してみた。

結論は、リアルタイム更新でもなければ、ほぼリアルタイム更新でもなく、最新情報になるまで2週間ほどかかった。

まずは、これ↓が新しい免許状。平成30年(2018年)12月26日付けで発行されており、免許の年月日は平成31(2019年)年3月20日(下図の赤枠部分)である。

新しい免許の開始日、 平成31年(2019年)3月20日の朝に当局の免許情報を検索したところ、まだ古い免許情報のままであった(下図左の赤枠部分)。検索した日時が右の赤枠部分である。
「リアルタイムに更新」というわけではないと判明した。

夜中にバッチ更新という処理もありえるので、 翌日の平成31年(2019年)3月21日の朝に検索してみたのが下記。まだ、更新されていない。

まあ、3月21日は祝日だから作業しないということもあるので、翌日の平成31年(2019年)3月22日の朝に検索してみたのが下記。まだ、更新されていない。「ほぼ」リアルタイム更新というわけでもないと判明した。

さて、どれぐらいで新しい情報が表示されるだろうか?

2019/4/2追記  毎朝、検索し続けること2週間弱、4月2日朝に新しい免許情報に更新されていた(下図)。当局の場合、免許情報は2週間ほど遅れて更新されたわけだ。

4月2日朝に更新されていたことから、3月末までの情報を4月1日夜にバッチ更新したという可能性もある。その場合は、最大で1か月の遅れが出るのかもしれない。これは、1日付の免許人がどうなるかで確認できそうだ。

JARLアンテナ保険 作業中に事故っても保険金降りない?

これまでJARLアンテナ保険に漫然と加入していたが、自動車保険のオプションの損害賠償特約でも同じように対応できると知った。自転車にも保険をかけないと乗れない時代にもなってきた。そこで自動車保険の更新を前に両者を比較してみた。

結論・・・自動車保険の損害賠償特約の方が幅広いリスクに対応していて当局向きなので、JARLアンテナ保険はもう継続しない

JARLアンテナ保険の募集案内を読んでいたら気になる記述を見つけた。「施設の新築、修理、改造または取壊し等の工事に起因する損害」は対象外だというのだ。これって、自分でタワーを建ててるときや、タワーに登ってアンテナをいじってるときに起こした事故には保険が効かないと読める。作業中にアンテナや工具を落として隣の建物やクルマを壊すことはありえるので、JARLアンテナ保険でリスクヘッジしたいものだ。実際のところ保険金を払う運用にしているのならいいのだが、どうなのだろうか?

下記が募集案内のその部分(赤枠のところ)。

JARL選挙 誰が誰に投票したかわかる投票用紙?

JARLから平成30年通常選挙の投票用紙が送られてきた。マークシートの投票用紙を眺めていたら、番号が印刷されているのに気付いた。

宛名と説明が印刷されている用紙で、これは返送しない。赤丸を付けた部分に数字が印刷されている。

・・・

こちらが投票用紙で返送する部分。赤丸を付けたところに、上記と同じ番号+1桁の数字が印刷されている。

雑感

  • この番号は会員番号そのものではない
  • 投票用紙に番号が入っていると、JARLや印刷にかかわった人は、この投票用紙が誰のものかを識別/特定できる可能性がある。そうだとすると気持ちが悪い
  • 「今回の選挙の投票用紙」だとわかるように、投票用紙すべてに同じ番号が印刷してあるという可能性もある
  • 不正投票を防ぐために番号を印刷している可能性もある。例えば投票用紙をコピーして多重投票するのを防ぐとか
  • そもそも政治家を選ぶ選挙とは異なるので、JARL選挙の規約や運用では、誰が誰に投票したかを秘密にすることを前提にしていないのかも

160m帯フルサイズダイポールアンテナ【測定編1】

前記事で作った160m帯の巻き取り式ダイポールアンテナを実環境で測定した。

 

恵那市の阿木川公園に展開した。給電部は高さ約1.5m、アンテナ線は左右ともに数mで芝生に接地している。両端も芝生上。

 

 

 

 

 

アンテナ線長は左右各22mで、1.83MHz  SWR1.8という結果になった。アンテナ線が地面から浮くようにすれば使えそうである。

同調したアンテナ線長が予想以上に短い。①両端の巻き取り部がエンドローディングコイルとして働いている、②被覆電線なので短縮率が大きくなっている、③地面置きなので共振周波数が低い――というあたりがとりあえず思い付く。これは後日に検証したい。