フェライトコアの高周波電流阻止量の測定【結果編】

装置製作編のやり方でフェライトコアの阻止量を測ってみた。

P1010415-2

 

対象のフェライトコアは、一般向けにエレコムが売っているもの2種類。フェライトコア小は1回巻と3回巻、フェライトコア大は3回巻の3通りで測定した。

 

 

 

 

 

 

 

 

画像9-2

 

 

フェライトコア小・1回巻。青が入力、赤がフェライトコア通過後の値。Picoscopeの2chの測定結果を、このやり方で重ね合わせて表示している(以下同様)。10dB程度の減衰。

 

 

画像5-2

 

 

 

フェライトコア小・3回巻。20dB強の減衰

 

 

 

画像2-2

 

 

 

 

 

フェライトコア大・3回巻。20~25dBの減衰

 

 

 

 

意外と全帯域でまんべんなく減衰することがわかった。小・1回巻でも10dB程度の減衰量を得られるというのは安上がりでよい。一方、数MHz以下では効きが悪くなることもわかった。

Both comments and trackbacks are currently closed.