フェライトコアの阻止性能の簡易判定

QST 2012/2 66ページに、フェライトコア/トロイダルコアの阻止性能を簡単に調べるTIPSが載ってたので、さっそくやってみた。50Ω抵抗とコアで巻いた線を並列にアンテナアナライザMFJ-269につなぐ。コアの阻止効果が大きければ、SWRが1に近くRが50オームに近づく。阻止性能が低いとSWRが大きく、Rがゼロに近づくというもの。

試してみたコアは3つ(写真上左)。写真上中は電線オープン、写真上右は電線ショート、写真下はコアありで測定中。いずれもコアに3回巻、抵抗は51Ω、約3.5MHzと約21MHで測定した。

 

 

 

 

 

 

 

コア 約3.5MHz 約21MHz
SWR R(Ω) SWR R(Ω)
コアなし(電線オープン) 1.0 49 1.0 50
コアなし(電線ショート) >31 0 3.5 20
TDK NF-C09 左上のコア 1.1 46 1.1 48
エレコム NF-02LG 右上のコア 1.1 46 1.1 47
ブランド不明 小 下のコア 1.3 41 1.2 45

 

 

3.5MHzについては阻止性能を測れているように見えるが、21MHzは電線ショートでのSWR/Rの値が異常なので測定以前の問題である。全体的に測定の信頼性を要検討。

Both comments and trackbacks are currently closed.