フェライトコアの阻止性能判定は7MHzまで

結果の怪しかったコアの阻止性能の簡易判定の追試をやってみた。基礎となる数値として、MFJ-269で、コアなし(電線オープン)、コアなし(電線ショート)を複数の周波数で測ってみたのが下記。

周波数(MHz) オープン ショート
SWR R(Ω) SWR R(Ω)
1.9 1.0 49 >31 0
3.5 1.0 49 >31 0
7 1.0 50 20.0 2
14 1.0 50 6.2 11
21 1.0 50 1.0 16
50 1.2 53 2.1 43

いまのやり方だと7MHzまでは使えるが、それ以上は使えないということのよう。21MHzで使えるようにするにはどうするべきか?

Both comments and trackbacks are currently closed.